雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

部長・課長でやめても悲惨すぎる結末という記事 どこが悲惨か分からない

部長・課長で辞めても、60才の定年を迎えて、
再雇用する場合、かなり金額を安く抑えられ、再雇用される。

簡単に言うと、そんな記事です。

まるたまごの会社も、
60才以上で希望者は、
再雇用の制度があります。
現役時代の半額以下ですが、
それでも高いと思ってしまう
そんな仕事ぶりです。

のんべんだらりと、働いて、
現役じゃないからいいやん。
そんなのりで働いている人がほとんど。
気楽に責任感無く働いている退職者達をみて、
現役世代は泣いています。

退職後でも、役に立つ。
そう思われれば、会社だってもう少しと思うかもですが、
これでは下がる一方だと思います。

悲惨な人は、こんな人達ではありません。