雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

地方都市における 自家用車保有について

地方都市における、自家用車について書いていきたいと思います。
地方では、生活必需品と言われる自家用車。
地方都市に住んでいます、まるたまごです。

これって本当です。
生活必需品であります。
公共交通機関は、確かにありますが、本数が少なかったり、
最終が早かったりと、利便性が良くありません。
また、カーシェアリング等も普及しておらず、
自家用車が無いと、移動に支障が出る事が多いです。
ですので、地方都市といいますか、信越地方に住むなら、
自家用車は生活必需品です。

よく、都市部では、自家用車は贅沢品と言われますが、
その要素は、地方都市でもあります。
移動には必要ですが、高級車は必要ないです。
高級な自家用車は、贅沢品です。
購入した瞬間から、車の価値は下がりはじめます。
グレードやオプションなど、上をみたらきりがありません。

まるたまごは、そこそこの自家用車を購入しますが、
決して、ローンでは購入しません。
そして、一度乗ったら、メンテナンスをしっかりとして、長く乗るようにします。
税金が上がるまでは、乗り続けます。若干の修理をしてでも。
新車を購入する時、引き取って貰う価値が0円になるまで乗ります。
まとまった、資金の流失を最小限に抑えています。

地方都市では、自家用車は生活必需品。
しかしながら、高級車はいりません。
そんなお話しでした。