雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

喧嘩には、どっちにも言い分がある・・・

暑いですね( 一一)まるたまごも溶けています。

イスラム国の自爆テロが、とうとう起こってしまいました。
アメリカ兵13名を含む、60人以上の方々が犠牲になりました。
お悔み申し上げます。

アメリカは、このテロ行為を許さず、イスラム国を徹底的に
壊滅するまで攻撃すると声明を出しました。
国際世論もあるので、当然の発表です。

我々は、一方的な情報しか入ってきません。
イスラム国には、イスラム国の主張があるのでしょう。

我々日本人も、諸外国に追い詰められ、第二次世界大戦に突入した悲しい過去があります。石油を止められてしまえば、日本は東南アジアの石油を奪いに行くしかなかったのでしょう。
我々は、そったが先に仕掛けた。
相手は、そっちが先に攻撃してきた。
両者、いい分があるのでしょう。

はっきりしている事は、人の恨みは、苦痛を与えられた者しか覚えていないという事です。

好きな映画【仁義なき戦い】のワンシーン。
「喧嘩には、どっちもいい分があるんですけん」
ここまでこじれてしまうと、平和的解決は難しいでしょうが、両者のいい分を聞いて、自分なりのジャッジをしましょう。
アメリカが、絶対的正義ではありません。