雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

現実味を帯びる1割減 新世界

www.taishokumshoku.info
www.taishokumshoku.info

弊社は確実に、1割減の売り上げとなっている。
【コロナ】で騒がれた昨年と比べて、1割減の売り上げ。
リストラ等が遅い弊社の経営には、確実に打撃を与えている。

経営はスピード。
経営陣の無策は、現実数字が出て、慌てふためき、
ただ、現場に費用削減を求めてくる。
経営陣は、自ら費用をカットする方策を出し、
現場にも費用削減を求めていかないと、効果が限定的になるだろう。

65歳までの雇用は理解するが、
現役世代より、いい給与で再雇用されていれば、
現役世代のモチベーションは上がらない。
まして、何をしているか分からない再雇用。

間接労働力を減らし、直接労働力を確保しながら、
費用の削減をしないと、いつか会社は滅びる。
売り上げ1割減でも、耐えられる経営をし、
新規分野での売り上げ確保をしていかないと
生き残ることが出来ない。

個人としては、生活レベルをあげず、
虎視眈々と下船するタイミングを計るだけ。
泥船は確実に沈んでいる。日々。