雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

ブラック企業ですが、若干の業務改善を実施しています。その14

www.taishokumshoku.info
今までの経緯はこちらに ↑

今日は、今までコミュを図りながら、改善を実施してきて、
自分と考え方が近い部下社員数人との関係を明確にしました。

腹心の部下社員が、多ければ多いほど、
プレイングマネージャーであっても、管理者でも仕事は楽になります。
今までの改善の中でも、
【要らない仕事は削る。それで、現場の負担を減らす】
その考えを、社員に落とし込みしながら進めてきました。
この部下社員、役職もまちまちです。
ですが、自分と考えが近いという共通点があります。

私からは、この3人に同じ情報を出しています。
例えば、AとBと話して決定した事を、Cに話す。
Cとして決定した事をAとBに話す。
これで、3人同じ情報を持っている部下社員が出来ま上がります。

これによるメリットは、自分不在な時も、
この3人が居れば、現場が自分の考えどおりに動いていくことです。
働いている社員から、質問等があっても、私でなくても答えられる。
今度、また、このメンバーに1人追加する予定です。

こうして腹心の部下を育てていけば、職場がよくなると考えています。
まだまだメンバーを増やして行かなければいけません。
私の部下は、100名以上。
全員が同じ方向を向いて仕事をしてもらうには、この方法が有効です。

作業改善とともに、コミュニケーションをしっかりととり、
更に改善していきましょう!