雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

環境を守るには、昔を学ぶのがいいのか?

環境を守る農業。
そんな昔ながらの農業が見直されている。

【アイガモ農法】
農薬を極力使わないために、アイガモに害虫や雑草を食べて貰う。
また、アイガモから出る排泄物が養分となる。
そして、土壌を自然と醸してくれるため、生育が良くなる。
最後には、アイガモは食料となる。

これを応用した栽培も生まれている。
チョウザメを活用し、野菜を水耕栽培している方法だ。
循環型にしているため、チョウザメが出した排泄物が
野菜を育て、野菜が水を綺麗にしている。

環境への取組みが加速している。
日本古来の考え方が、今の日本を救う時がくる。
昔の人は、考え・工夫し生きてきた。
我々も、考え・工夫する時がきたように思う。