雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

防災拠点の自治体は、なぜ?ソーラー発電を設置しない?

自治体が運用して、売電等をする場合には規制があるのでしょうか?

災害等の発生時には、自治体が中心となり、対応してくれますが、
中継で見る画像は、暗い庁舎ばかり。
売電等ではなく、自分達が使うようで、
ソーラーパネルの設置はできないのでしょうか?

立派な建物や、公的な施設が、そこらにいっぱい。
市役所等の屋上に設置し、災害時も使えるようにすれば。
普段は、庁舎内で使用すれば、税金も使わなくてすみますし。

避難場所になっている、体育館や公民館にも設置すれば、
もう少し、快適な避難生活になるのでは?

公的な施設が、ソーラーを設置すれば、
ひっ迫する電力需要にも対応できるようになりますし、
環境にも優しいです。

何か、利権が絡んでいるのでしょうか?
作りすぎたら、住民に安価で利用して貰えば、住民も喜びます。
やはり、大手電力会社に融通しているのでしょうか?