雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

Z世代に対するマネジメント 「いいからやれ」は禁句

この時代に正社員として入社。
Z世代の勝ち組。
しかし、会社に入って、すぐに辞める若者も多い。

だんだんと、SNSの輪が広がり、
良いも悪いも、同じ思考の集まりに属してしまう。
異なる意見とぶつかり合う機会が少ない。
そして、リアル社会での人との繋がりが少ない。
人付き合いで生まれる、プレッシャーに慣れていないのである。

このような人に対して、押し付けはよくない。
ましては、昭和のような「いいからやれ!」は、通用しない。

働く事で生まれる、社会的な意義等をしっかり教え、
本人の利点と、会社との利点を合わせていく必要がある。

世代は関係ないかもしれないが、
この先、コミュニケーション能力が低い若者を採用する可能性もある。
相手を尊重し、話をしっかりとしないと、定着しない可能性が大きい。
この先こそ、本当の【マネジメント】が必要となる時代だ。
プレイングマネージャーも、手腕を発揮するチャンスだ。
押し付け型【マネジメント】ではなく、
しっかりと、対話等による育成型【マネジメント】を、
してきた者が勝つ時代がやってきた!

焦りを感じるプレイングマネージャーさんは、こちらをどうぞ。
www.taishokumshoku.info