雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

土を変える! それが作物を育てる 

作物を育てる。
それには、土。土壌が関係するという。
日本の土は、雨が多くて、
カルシウムが不足しているという。

江戸時代、農家は1月2日から働いている。
大根を手に、糞尿を回収したそう。
1月1日、元日には、ご馳走を食べているので、
栄養のある糞尿が手に入るからだ。

そして、カルシウムを土壌に入れる。
そうすると、いい作物ができる。
同じ栽培でも、いい作物を多く出来る。

昔の人は、すごい知識があったと感心する。
先人達の知恵を、拝借する時が来ている。