雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

金券ショップの嘆き       2021/4/10

新幹線の回数券。
ドケチの私は、出張旅費の差額を少しでも多くするため、
何回も利用させて貰った馴染みのある回数券だ。
そのたびに、金券ショップを利用させて貰った。

しかし、JRのチケットレス化により、
金券ショップは苦境にたたされている。

ネットでの利用が増え、更に割引がいい。
利用者としては、便利なネットに流れるのも頷ける。

元が販売しないのであれば、金券ショップはどうしようもない。
大都市の金券ショップほど苦境に立たされている。
3割~5割は、回数券の売り上げだったお店は、死活問題だろう。

ネットの普及で、他事業の廃業が進む可能性がある。
便利になる反面、職を失う人が現れてしまう。
アナログ派の私には、非常に有難かった制度であった。