雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

知人の不動産経営者 成功している人 なるほど!と思ってしまう

知人の不動産経営者。
総資産は、正直いくらあるのか知らない。

この方は、アパート建売の全国トップシェアの会社で、
若くして営業部長を務め、その後、建売り業界をしるため、
転職し、その業界でも人脈を築いて独立した。

不動産屋で独立し、社長に。
今では、数社の不動産屋を経営している。
従業員、全ての顔を知っているわけではないが、
独立後のメンバーがほとんど入れ替わりが無い。

社員への報酬を厚くしているのだろう。
各社員が個人事業主のような契約しており、
契約に応じて、報酬を支払っている。
それぞれに、得意分野があり、建売・賃貸等で顧客を抱えている。
報酬が低ければ、他の不動産屋へ転職してしまう。

詳しくは報酬内容を知らないが、業界ではいいのであろう。
そうすると、普通は、社長の報酬が減ってしまうが。

よくよく観察すると、本当の個人で、アパート数棟を経営していた。
情報も入り易いし、良い物件かの判断も出来るし、
不動産屋に支払う手数料等がゼロに出来る。
よく考えていると感心してしまう。
本業の社長収入よりも、アパート経営での収入のほうが多いのかもしれない。

まだまだ私は甘い。
本業と副業をくっつけて考える。
見習いたい!