雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

狼が生態系を救う!

外国でのお話し。

人が、国定公園の生態系を守るため、

70年も奮闘していたのですが、

うまく行きませんでした。

ある日、国定公園から絶滅させた、狼が。

狼の群れが戻ってきたのです。

人々は、益々、生態系が壊れると、恐れていました。

狼の群れは、鹿を襲いました。

鹿の数が減ってきました。

人々は、狼を駆逐する事を考え始めました。

しかし、鹿の数が減り、草木が増えはじめ、野鳥や小動物の数が増えはじめました。

また、コヨーテも狼は襲いました。

コヨーテが減少する事で、ウサギなどの小動物も増えはじめました。

生態系が戻るにつれ、

国定公園の中の自然にも変化が!

河川が綺麗になり、淀みがなくなり、

堀が深くなったのです。

 

人間には管理できない世界。

それが自然です。

生態系を壊す人間って、なんなんでしょうか😢