雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

今週のお題「鬼」 一番働いていたいた頃は、確かに仕事の鬼でした。

今週のお題「鬼」

10年前ぐらいのお話しですが、いいですか?
現在と違って、「仕事」が何よりも優先されると意識していた時代。
1年で、5日程度しか休まなかった。
土曜日も日曜日も、朝7時から夜9時ぐらいまで。
それが許されていた時代なんですけどね。

生活できるのは、会社が給与をくれるからって考えからなんですけど。
まぁ~、社畜って言われても仕方ないですよね。
会社側の意見を、全社員に求めていましたし。

ある社員が、家族旅行をいく。
なんて聞くと、あの仕事ぶりで、行くなんて。
お前が出来ない分、他がカバーしてやって、
それで貰っている給与で、行くのってどうなん?
って、本気で思ってましたから。

お前のその働きぶりで、養われる家族って?
それで養って、恥ずかしくないん?とも考えてましたし。

まあ、パワハラって言葉は無かったですが、
本部に苦情が入ってましたから。
今、考えると、本当に社畜というか、
鬼のような考え方をして
全社員がそうでないといけない。

そんな考え方をしていたので、評価は良かったです。
けど、幸せとは感じなかったです。

今は、かなり適当になってきました。
適度に、手を抜いています。
あのままの働きぶりでいれば、それなりのポストにいると思いますが、
今では、もっと傾いて、早期勧奨退職の年齢引き下げを望んでいますし。

社畜になっても、大して生涯年収はかわりません。
もっと、早く「副業・投資・節約の鬼」になっていればよかった。
そっちのほうが、自分らしく生きれています☺