雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

七つの会議

小説が映画化にもなったので

ご覧になった方も多いだろう。

 

見てない方には悪いので、

詳しくは書けないですが、

印象に残ったシーン。

 

香川照之さんの

何十年、なんだったんだろうな。

って発言。

 

池井戸潤さんのは、最後、

痛快で終わる事が多いが。

今回は、考えてしまった。

 

サラリーマンとは何か?

働くとは何か?

人間のエゴが詰まった作品である。