雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

金融機関から2020年の投資信託実績表が送付されてきました① 2020年は敗北!

①となっているのは、もう一つ金融機関で投資信託しているためです。
送付されしだい記事にしていきます。

モットーは、普通預金より儲かっていればOK。
そんな運用方法ですし、ほったらかしにしてあるので、
多くを望んでいませんが、
なかなかの敗北感がある運用結果となってしまいました。

投資信託1⃣
世界リート関係 購入時期は、2015年前 スタート100万円
2020年1月1日  4615431口 基準価格 3380円 1560016円
2020年12月31日 5350498口 基準価格 2494円 1334414円
下落が、なんと225000円・・・・
めっちゃ敗北です!

投資信託2⃣
米国リート関係 購入時期は、2015年12月 スタート30万円
2020年1月1日  1191212口 基準価格 2863円 341044円
2020年12月31日 1471936口 基準価格 2083円 306604円
スタート時と同額に
こっちも敗北です!

〇 まとめ
なんとか、赤字が無い状態です。
テーマ投信は、落ち始めると辛い・・・。
分配金も、ほとんど特別分配金(儲けでは無い)。
購入口数が増加しているので、基準価格さえ値上がりすれば、
儲けもかなりでてきますが、基準価格はなかなか上がりづらい。
元値基準は、1万円ですから。
長期運用資産ですが、基準価格が上がったら、売却して
次の投資信託の商品を探してみたいと思います!
あっ!あくまでも、個人意見を掲載しています。