雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

経営を考えない管理職はムダ! 管理職は経営陣の一員を自覚する!

経営を考えない管理職が増えてきています。
それって、ムダなんです。
プレイングマネージャーじゃなければ、
業務を持たず、ただマネジメントするだけで給与が発生します。
それも多額の給与が・・・・。

マネジメント、会社の経営方針を受けて、
将来を見据えて、どのような人材を育てていくのか、
考えながらマネジメントをする必要があります。
また、時代背景等も鑑み、費用対効果を常に考えて、
それを部下にも考えさせ、マネジメントをする事が求められます。

そんな事も理解出来ない管理者が弊社では増加しています。
多額の給与を貰い、何もしないのです。
まだ、実務を実践している管理職ならいいですが・・・・。

企業はシビアです。
何もしない管理者が務まるのであれば、
そのポスト自体が不必要と判断しますし、
その管理者も不必要と判断します。
そして、労働基準法の使用者にあたる管理職は、
不必要と判断されると、誰も守ってくれません。
労働組合も無く、味方だと思いたい企業も味方ではありません。

部署を任されたら、経営陣の一員です。
企業のトップの方針を、どう現場で実践し、
人材の育成をし、経営に参画するか!
経営者になった感覚で、管理職を実践しましょう!