雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

日本経済予言の書 著者の予言が的中しているらしい?  2021/1/8

数理モデルを活用して、政府の支援が決定する前に書いたそうだ。
初めに、1回目の緊急事態宣言の解除日。
早ければ5月20日頃と予想し、実際は5月25日。
冬のコロナ感染増加と、死者数の増加が的中。
そして再度の緊急事態宣言の発令が的中。
細かくは書かないが、興味ある人は読んでみて欲しい。

私が注目したところは、2021年の予測。
・この後、大企業の破綻リスクが残っている。
東京五輪未開催時のリスクを勘案していない。
・金融機関のバラスシートが崩れる
地方都市は、かなり悪くなる予想。
そして、耐えに耐えた企業の倒産が増えはじめ、
長期に経済が低迷する。

当たっているようで怖い。
最悪のシナリオだ。
地方に暮らす者として、首都圏に支えられている現実。
それが良く分かっているだけに、厳しい未来が見える。