雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

退職金での投資デビューは危険??   2020/12/28

これも気をつけたい事!
虎の子の退職金を、不足するかもしれない年金を
少しでも増やすために、投資デビューする人が後をたたない。

記事では、それはやってはいけないと締めくくられている。
そうです。やってはいけません。
折角貰った退職金。少しでも運用益がでれば!
そんな気持ちになることは理解しますが、
本来の投資は、長期的に保有してはじめて有利になる商品。
価格は、日々上下します。基準価格を大きく割ることもあります。
退職金を貰ってから、年金を貰うまで、今だと5年の計算になりますが、
投資する分野によっては、損になっている商品もあるかも。
私自身も、投資信託保有していますが、基本的にドルコスト方式を導入し、
分配金で、また商品を買い増しする方法をとっています。
大きくは勝てませんが、極力、損をしない方法です。
それでも、長い期間を経て、やっと黒字が増えていくのです。

投資は、あくまでも余剰資金でするもの。
余剰資金でないなら、投資にはむきません。
いつまとまった資金が必要となる時がくるかもしれません。
その時、損をしていても、売却する必要がでてくるかもしれません。
余剰資金では無い場合、判断ミスをする可能性もあります。
心にも余裕がないからです。
利益が欲しい。利益が欲しいと挑んでも、すぐに利益がでないと、
気持ちばかり焦り、売却しないでいい時に売却したり、
これから値を下げてしまうような商品を購入したりしてしまいます。

投資の経験がなければ、退職金での投資デビューは危険です。
私は大丈夫! そう言い切れるなら、止めはしません。
既に保有している商品の値上がりには、誰かが購入してくれる必要があります。
値上がりしたら、売却しようと考えている人達には、いいカモですから。