雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

こんな会社が良かった!世界のトヨタ Forbes記事

世界がコロナ禍の市場で、生き残りを模索しているかな、
次々と、今までの改善が功を奏した印象を与えてくれた【トヨタ】。
日本での脱炭素社会にむけ、今後も試行錯誤と改善で乗り切ってくれると思っている。

そんなトヨタの特集記事が組まれている。
雑誌は、まだ未購入のため、一部記事からの感想となる。

トヨタ生産方式を弊社で一部で導入した時、こんな考え方があるだ!と感銘をうけた。
世の中には、凄い事を考えて実践する人がいるんだと感心した。
実践してみて、ムダを省けた時は、感激したし、
トヨタ生産方式でムダを省く方法で、会社で利益に繋がると感じた。
それを惜しげも無く、世に出すところが、トヨタの凄いところでもある。

聖域なき改革。
政府も言ってはいるが、トヨタは実践している。
徹底的にムダを排除してきている。
物のムダ・工程のムダ・会議のムダ・人員のムダ。
経営上のムダと思えるところには、メスがはいる。
副社長制度の廃止もそれだ。
かなりの抵抗もあったと思うし、社長の責任も重くなる。
執行役員も、今までと違い半数となる。

経営のジャスト・イン・タイムを図るには、決定までのリードタイムを短くする必要がある。
世界のトヨタでも、そこまでしないといけない経営スピードが求められている。

5代目が、管理者に投げかけた言葉
「時は命なり」。
管理者が、間違った指示をする事で、従業員にムダな時間を使わせる。
すなわち、命の浪費をしていると。
そこまで考えているのかと・・・。
弊社との違いにビックリしてしまう。

そして、「ほかの誰かのために」そんな意識で仕事に取組むそうだ。
弊社では、前工程・後工程がないがしろにされてきている。
次の人が、いかに楽に働けるかが、皆で1つの仕事を完結させる現場には必要だ。

トヨタの精神。
素晴らしいと思う。
雑誌を購入して、是非読んでみたいと思う。