雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

コロナ禍だからこそ マネジメントで、実践する1つの事

コロナ禍で実感した事。
それは、人が不安になると、能率が落ちてしまうという事だ。
特に、自分の仕事が、社会上必要と思えないとモチベーションを維持出来ない。
実際に、対面での営業が自粛され、在宅勤務を命じられた社員の中から、
うつ病を発症してしまった営業部社員も居る。
お金では図れない、仕事のやりがいも、会社員には必要なんだと。

非常にマネジメントが大切な時期だと感じている。
部下社員のモチベーションをいかに維持するか?
結論は

公平で平等な評価をするか

これにつきます。

確かに、自分の評価も気になるでしょう。
自分の成績をあげ、社内での立場を維持したい方もいらっしゃるでしょう。
しかし、部下はよく上司である貴方を観察しています。
それも、コロナ禍前よりも観察しています。
貴方と同じように、部下社員達も自分の評価を気にしています。
そんな中で、もし仮に、貴方が部下の実績を、
自分のもののように社内で触れ回っていたら・・・
部下社員は、どんな気持ちになるでしょうか?
その部下社員は、同僚にされた事を話すでしょう。
貴方の部下社員達は、貴方を信用しなくなります。
そして、モチベーションが低下していきます。

1人の10歩よりも、全員1歩

貴方が頑張っても、部下社員が頑張らないと意味がありません。
貴方が10歩前進しても、部下社員はモチベーションが低下して、
1歩も前進しないどころか、マイナス1歩になる可能性があります。
そんな状態となれば、チームとしては、何も成績を残せない可能性もあります。

いくら個人プレーで、個人の成績をあげたとしても、
チームとして成績が落ちてしまえば、
管理者・プレイングマネージャーとしての評価はおちてしまいます。

コロナ禍だからこそ、みんなが雇用に不安を抱えています。
だからこそ、やった事に対しては、評価をして褒めてやる。
足らない部分に対しては、助言をし伸ばしてやる。
マネジメントは、一朝一夕では上手くいきません。
信頼関係を積み重ねて、信頼を勝ち取り、部下の能力を最大限に伸ばす。
それが出来ないと、企業全体の業績も落ち、会社の存続自体が危なくなってしまいます。
そこまでいかなくても、会社は、業績不振の原因を追究してきます。
部下社員にヒアリングを実施する可能性もあります。
弊社は、管理社員の能力を把握するため、秘密裡に情報を集めています。

こんな時代だからこそ、姑息な手段は選ばず、
公正で公平な評価を、日々実施していきましょう!