雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

終の棲家が、逆に重荷と・・・  2020/11/30

住宅という縛りに、苦言を呈している私。
新築を購入して、幸せならいいが・・・・。
実際、田舎の圧力と凄い。
長男だから、家を継ぐのは当たり前の風潮がある。
家を建てて一人前!凄い息苦しいです。
そんなくだらない常識は無くしたい!そう思っています。

コロナ禍は、今までの常識をぶっ壊す破壊力があった。
基本給の見直し・ボーナスの見直し・終身雇用の見直し。
生き方の見直しも迫られた。

無理して購入して、返済できなくなった家庭。
幸せを求めた結果、家庭の崩壊って結末は悲しい。
だから無理のしすぎは辞めて欲しい。
地方では大きかった企業が倒産してしまった時、多くの人が路頭に迷った。
我が家は関係が無かったが、先輩の家は親父さんが勤めていた。
先輩も働きながら、仕送りをしていた。
親父さんは、アルバイトして返済。
実家という負債のために、家族全員で返済していた。
この時は、他にまだアルバイトがあった。
だからこそ、先輩一家は踏ん張れたのだろう。
今だったら・・・・。どうだっただろう。

私は、借金自体が性に合わない。
実家は、いずれ貸家にしたいと思う。
見えないプレッシャーを払いのけたい願望がある。
www.taishokumshoku.info