雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

70歳まで会社にしがみつく人が会社をダメにする!? 2020/11/10

www.taishokumshoku.info
昨日書いた事があてはまる内容だ。
どこまで理念を持って働けますか?
そう問われているのだろう。
個人的には、老人が劣っているとは思わない。
上場企業の社長で、世界と最前線で闘っているいる人が何人もいる。
理念を持ち、こうしたい、ああしたい。そんな理想を求めているから闘えるのだろう。

しかし、一般社会であてはまるだろうか?
技術もなく、ただ管理職を続けてきた人に、高いモチベーションがあるだろうか?
部下を育成するわけでも無く、自分の生活のために働き続ける。
それも、高い給料で居座られたら、若手はやっていられない。

弊社も、定年後の再雇用制度がある。
退職時の約半分の給与が保証されている。
初めは人数も少なかったため、高い給与で遊んでいられても会社は大丈夫だったが、
今は人数が多く、会社の経営を傾かせている。
それも、若手の2倍も貰っているが、退職したから、現役じゃないから。
そんな発言をし責任逃れて高額な給与をかすめ取っていく。
現役社員には、百害あって一利なしである。

労働力が不足する日本。
必要な政策だったかも知れないが、ITの進歩もあり、日々企業は進化をしている。
全員を無条件に雇用しろというのは、見直しをしてほしい。

貴方は、「現役の気持ちでいつまで働けますか?」
その答えが、「もう無理かもしれない・・・」。
そうなった時点で、老兵は去るのみ。
違う道で生きていきたい。去り際はお互いに間違えないようにしよう。