雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

通勤手当は非課税☺税の知識も身に付けよう!

記事では、税金の理不尽とあるが・・・・。
通勤手当は、月15万円以内なら非課税の扱いとなる(マイカーは別の上限)。
例えば、月に15000円かかる通勤代を会社がまるまる補助してくれた場合、労働者は、15000円そのまま貰える。
しかし、リモートワークで通勤がなくなれば通勤手当は支給されなくなる。
それでも、違う名目で支給してくれる会社がある。
在宅手当、一律5000円とか。
それは、課税扱いとなる。みなし給与というやつだ。
アパートを借りて、一部会社が補助してくれた場合にも課税扱い。
給与相当として、所得税・住民税をとられる仕組みとなっている。
出るだけマシって声もあるだろう。
弊社も異動しない事を条件に社員に採用されると、住居関係の手当は一切ださない。
通勤しないけど、代替手当が出るだけマシのような感じもするが・・・・。

記事では、税金がかかる手当ではなく、
税金がかからない範囲で食事補助券等の支給を提案している。
事務的な負担がかわりなければいいと思うが。
会社員は税金について疎い。源泉徴収制度だから当たり前だが。

知識を身に付け、実践する。
2年前から、やっと実践しはじめた新人だ。知識だけでは勿体ない。
行動して経験する。それを周りにひろめる。
金銭的な面で、親身になるとコミュニケーションが一層深まる。
マネジメントの活性化にも使える話題だ。

話しが逸脱して申し訳ございません。