雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

1バレル30ドル割れの危機! 2020/10/20

石油価格が、1バレル30ドルを割る可能性があるとの記事。
現在は、30ドル後半から40ドル前半での値動きとなっている。
これを見たら、一般消費者は、ガソリン価格が値下がりとなって喜ぶと思うが、
エネルギー関連の投資信託をしていると、逆に泣き記事となってしまう。
特に、シェール革命に踊らされた、まるたまごは号泣。
採掘するのにコストがかかるシェールは、原油価格の値下がりで、価格では勝てない状況。
1バレル40ドルを切ったら、勝算は無い。
もう少しで、売り抜こうとした矢先の値崩れ。
投資信託でもそうだが、特定テーマに絞った投資は、
ハイリスクハイリターンとなる事が多い。

投資信託自体は、皆さんにお薦めするが、
特定テーマに絞った商品は避けたほうが無難。
一気に話題になった物は注意が必要。
一般の購入者にくる頃には、高値を掴まされる事もある。

世界経済が回復するまで、塩漬けの投資信託となりました。
気長に待つとします・・・・・。