雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

ヒューマンエラーは必ず起きる!だからこそ仕組みで防ぐ☺

ヒューマンエラー、ケアレスミス
人が作業をしていると、必ず発生をするものです。
些細なミスだと、処理するのにも大して時間を要しないため、
そのままにしておく事が多いですが、
ここは再発防止策を考えて発生を極限まで抑えましょう。

ミスには必ず原因がある

簡単な事ですが、原因があるからミスをおかします。原因を取り除いてしまえば、再発はしません。
防止するには、【なぜ】間違ったかが重要となります。
ここをしっかりと確認しましょう。
「1人で入力してたから」「最後に確認しなかったから」よくあるケースです。
1人で作業をして完結してしまう。
正確な作業なら、一番効率的ですが、ミスの多い人には合ってないやり方です。
じゃあ、どうやって防止しようか・・・・・
答えは簡単です。誰かが確認すればいいのです。

現場リーダーの時に、良く使っていた方法は、同じ作業している同士が、
お互いにチェックしあう体制を作っていました。
現場リーダーが確認すればいいんですが、その作業が面倒だったので、
いかに手を抜いて、ミスを減らすかを考えて実践していました。
この方法ですと、作業全体の時間は変わりませんし、ミスも防止できました。
また、お互いにチェックするいい緊張感もありました。
再発防止策の1つを紹介させてもらいました。

ミスで失うのは 信頼とお金

ミスが発生すると、多かれ少なかれ、カバーする時間が必要となります。
本来であれば、発生しないムダな時間です。
お客様・取引先が関係している事が多いので、会社の信頼は無くす。ムダな時間は発生する。
いい事はありません。是非、ミスの原因をしっかりと把握し、排除しましょう。

プレイングマネージャーの皆さん、会社員の皆さん、1回目のミスは怒らないでください。
作業の弱点を教えてくれているのですから!
2回目・3回目、ミスが続いたら。作業をしている人にも責任がありますが、
ミスが起こるかもしれないと分かっていたのに、放置していた人にも責任があります。
形骸化しない、再発防止策を考えてみてください。