雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

優秀と言われている人の共通点!これだ!

優秀って言われている人共通点って何かな~。漠然と考えていたのですが、一個見つかりました。
あっ、少しでも働く皆さんの有益になればと、日々考えているまるたまごです。
優秀って言われる人って、これが上手なんだよ。それは!

【仕事時間と組み合わせ】が上手いんです

まるたまごは、役職・プレイングマネージャー・管理者を経験して、既に15年は経っていますが、優秀だな~って思う人全員に共通しています。短期スパン・中長期スパンで終わらせる仕事の割り振りが上手で、仕事のスケジュールを、納期・自己の能力・職場の状況・仕事のスケールなどを掴んで、組み合わせ考え、効率良く仕事をこなしていくんです。
例えば、AさんとBさんが部下でいるとします。同じ仕事をお願いするとします。期限は1週間後。スケールから3日程度は取組まないと終わりません。
Aさん・・仕事を頼んだ直後から、手をつけます。周りは違うプロジェクトの仕上げなのに。日々しないといけない仕事もほっておいて、もくもくと作業をしています。
Bさん・・仕事を頼んだ直後、まず、日々を仕事をこなして終わらせました。次に周りのメンバーの仕事を手伝っています。それが終わったら、落ち着いて頼んだ仕事にとりかかりました。

直ぐにとりかかったほうがいい感じを与えますね。結果は・・・
Aさん・・色々と資料を見ながら作業しているのに、「昨日分の報告まだ?」と中断させられて、思った以上に作業が進みません。周りもプロジェクトが終わって、のんびりしている感じ。ちょっと位、手伝ってくれよ!イライラしながら作業。それでも5日後には出来上がり上司へ。間違いが多すぎで、資料の内容もいまいち。やり直しが指示され、期限が守れませんでした。
Bさん・・半日は頼まれた仕事に専念しています。簡単な報告書等は、先に終わらせてあります。4日後、それなりに資料が出来たので、皆にチェックして貰います。これは入れたほうがいい。この数字って、違うんじゃない?色んな意見を聴いて修正し、5日後には上司へ。先にチェックして貰っているため、内容等は合格。終了です。
お分かりだと思いますが、AさんとBさん、Bさんほうが作業量があるんですね。それでも組み合わせ次第で、結果がかわってきます。まぁ、極端な例ですが、実際に、出来ない人は組み合わせが下手です。早く報告出来たとしても、日々の仕事をしなくていいとは言ってません。ですので、上司等からみたら、使えない社員と思われても仕方ありません。

仕事時間と組み合わせが上手く出来る方法

先ずは、自分の日々の仕事が、どれだけ時間がかかっているか把握します。スケール感を感じ取るには、経験しかありません。プロジェクトや突発の仕事を経験していくと、頼まれた仕事を遂行するために、これとこれが必要。そうするとこのくらい時間がかかるな。って分かるようになります。今回は1人完結できましたが、複数でしないと出来ない事もあります。色々な仕事を経験分、知識が蓄積されていきます。
後は、組み合わせの方法です。朝は、日々の仕事を中心に組んで、さっさと終わらせましょう。それから、中長期スパンで取組む仕事を組み合わせていきます。ここでも、納期・期日とスケールを考えて組み合わせをしましょう。何個も仕事持つようになると、同時に仕事を進めていかないと終わらないようになります。中長期スパンの仕事は、優先度を考えて組み合わせるようにしましょう。

優秀な人は、自分の仕事やチームの仕事を良く知っていますし、良く観察しています。
頭ひとつ抜け出すには、習得したほうです。
プレイングマネージャー・管理者は、こういった部下を育成していきましょう!!

まるたまごでした。