雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

マイカーと公共交通機関 比べてみたらビックリの差が( ;∀;)

皆さん、お久しぶりです。まるたまごです。
まるたまごは、勤務の関係で、余儀無くマイカー通勤をしています。
ふと思ったんですが、公共交通機関を使える人に比べたら、かなりの出費の差があるな~と。
そこで、今回は

イカーと公共交通機関 会社に勤めている期間の差を比べてみる!

条件としては、実際に今、通勤している方法で比べたいと思います。
(実際は、勤務地がコロコロと変わる職場なのですが・・・)
場所は、政令指定都市新潟市
まるたまごは、高校卒業後に就職したので、18才~60才まで勤めたこととします。
勤続年数は、42年間となります。この42年間の出費の違いを検証するわけです。

  1. イカーでの収入と出費
  2. 公共交通機関での収入と出費
  3. まとめ 

1 マイカーでの収入と出費
皆さんも馴染みのある通勤手当。まるたまごも貰っています。
月額5,400円。距離は片道19キロ。借りている駐車場代金は月額4,500円。

収入は、月5,400円×12か月×42年で、2,721,600円となります。
どう考えても少ないですよね?
出費は、簡単なところからで言いますと、駐車場代で、月4,500円×12か月×42年で、2,268,000円。
差し引きすると、使っていい金額なんて、453,600円。少なすぎますね・・・・。
次にガソリン代です。1日で38キロ。1か月で26日通勤すると、月で988キロ。1年で11,856キロ。
42年だと、497,952キロ!?地球一周が、40,075キロなんですよ?通勤だけで、約12.4周する計算となります。
そりゃ、テレワークが推進されるわけでね・・・・。話がそれました。失礼したしました。
まるたまごの車の燃費は、近場を走行する時は、1リッターで約15キロです。
約33,200リッターの給油が必要。1リッター120円だとすると、なんと!3,984,000円もかかる!!
大赤字ですわ・・・。で、肝心の車の購入。1台10年で買い替えたとすると、4台。頑張っても、
12年から13年で買い替えたとしても、3台。めっちゃお金がかかる( ;∀;)
新車を1台300万としても、900万円( ;∀;)毎年、税金で34,500円。挙句に車検・・・( ;∀;)
計算するのが恐ろしくなってきました。車検は、購入後3年目、その後は2年に1回行われるのですが、
1台で6回は車検のお金がかかります。1回で約10万円かかりますから、1台約60万円以上の出費です。
3台ですと、約180万円。あっ、税金で、42年で約1,450,000円。
駐車場代2,268,000円+ガソリン代3,984,000円+車検1,800,000円+税金1,450,000円+新車9,000,000円
総額で、18,502,000円の出費となりました!いや~、初めて計算してみましたが、大金が飛んでますな!
軽自動車にすると、車代約3,000,000円と、税金約1,050,000円と車検が若干安く済む程度なので、軽でも
1,300万円ぐらいは出費するでしょう。手当分を差し引いて、約1,600万円は自己の持ち出しとなります。

2 公共交通機関の収入と出費

まるたまごが、出勤するためには、バス&電車を利用しないといけません。バスっていうと不便そうですが、新潟市内はバス王国。新潟市民の足は、バス利用のほうが多いくらいです。
バス料金は片道210円往復420円。電車は片道210円往復420円。通勤するだけで、840円もかかるんですね・・。
収入はというと、なんと会社の負担が満額!定期券換算での支給となりますが、自己負担は驚愕の0円!
というより、電車の定期を購入する時に、【Suica】を使うとポイントが3倍も貰えるお得な情報を発見!
収支は0円で、定期券を購入する訳ですから、土日祝も使用出来てかなりのお得感が!

3 まとめ

お金だけで比べますと、

断然公共交通機関

地域によって、交通事情が違いますので一概には言えませんが、電車やバスで通勤できるなら変更をしたほうが節約となります。お子さん1人分の教育資金分が確保できる金額が違うのですから、検討の余地がありますよね?
お買い物する時は、カーシェアリングを利用してお出かけ出来るようになっていますし。

絶対にバイクや車でしか通勤出来ない方や、逆に保有する事が難しい地域の方には参考になりませんが・・・。

自家用車のメリットは、時間を気にしないでいい事。お買い物をしても、荷物が増えない事。そして、自分の時間を過ごせる事。まぁ、その対価として、多額の金額を払っているわけで。そこは、その人の考え方しだいですが。

節約したいなら、公共交通機関!そんな結論となりました。また、次回をお楽しみに☺