雑草の中の一本

殻を破って一歩 挑戦へ

現役管理者からの提案!生き残れ会社員 厳しい評価にならないための方法

ブログアイキャッチ
皆さん、いつも読んでいただき有難う御座います。
まるたまごです。

今回は、新入社員から中堅社員の皆さんに向けて、管理者から見て、厳しい評価にならないための方法について書きます。

どうしても厳しい評価にせざるを得ない社員。
下の3つのパターンに入っている場合は、会社員として生き残るために自分で直していきましょう。
管理者の多くは、育成よりも評価のみを行う人が多いのが現実です。
後の祭りにならないように改善していきましょう。

まずは、3つのパターンです。
1.周りに気が遣え無い
2.決して自分の考えを出さない
3.やった感だけの仕事しかしない

巷でみかける使えない社員では「報・連・相」が出来ない。イージーミスが多い。やる気が無い。
と様々なワードが出てきますが、それ以上に評価としては厳しくなる傾向にあります。
私が、プレイングマネージャーや管理者の立場であれば、徐々にでも直させていきますが、
注意してくれない上司も世の中にはいっぱい居ます。
そんな管理者の下で、ダメ社員のレッテルを貼られたら、もうお終いです。

先ずは、3つのパターンについて、細かく解説していきます。

1.周りに気を使え無い

これは、お茶を出せ、ヨイショしろと言ってるわけではありません。
いかに周りが見えていないか。協調性があるか。という事です。
・良くこのタイミングで報告してくるね。そんな部下社員は居ませんか?
・何で、きっさ言わないの?タイミングが悪いな~。そんな同僚いませんか?
これは、アンテナが低いため、他の人がどんな仕事をしているか、今がどんな状況か
分からないために起こります。アンテナという聞き耳を立てる事で解決できます。

・皆でフォローしあって仕事している日も、自分はいかにもお客様のように我関せずの態度。
これは、自分の意識を変えるしか解決方法は無いのですが、逆の立場になったらどう思いますか?
自分の中では、与えられた仕事はしているのだから、人は人、自分は自分と考えがちですが、
そこは、仕事量が激しく変動する人も居る事を認識して、フォローするようにしましょう。
今が良くても、将来、仕事で困った時に、誰も助けてくれなかったり、
管理者は協調性が無い自分勝手な会社員と判断してしまいます。
せっかく仕事が出来るので、いらないマイナスなイメージが付かないようにしましょう。

2.決して自分の考えを出さない

部下社員から相談された時、結論を100%とすると、20%の回答をする上司がほとんど
だと思いますが、残り80%は考えて欲しくてあえて言わない上司が多いです。
このパターンでは、問題解決を行うまでの方法・過程等を部下が考えているか判断しています。

部下「本社からこんな指示きていますが・・・」
上司「なるほど、じゃあやる方向で進めて」
部下「やるんですか・・・」
上司「うん。やるよ」
部下「・・・・」
ただ机の前に立ち尽くす。こんな事ありませんか?(私だけならすみません)
どこに問題があるから、反対なのか言わないと分かりません。
本社の指示が良くないないのか、進め方が分からないのか、判断出来ないのです。
立ち尽くす時間も無駄ですし。
これも簡単に解決できます。自分の考えをはっきりといい、意思決定を求めるのです。
部下「こんな指示がきましたが、こなん方法で進めていっていいですか?」
部下「こんな指示がきましたが、現状、予算が無い状況で出来ませんが、どうしましょう?」
しっかりと相手に伝えたい事を伝える事。それが解決方法となります。

3.やった感だけの仕事しかしない

このパターンは、成果を求めないで仕事する事です。
会社ですので、費用対効果を考えて仕事を進める事が大事になります。
・時間をかけて、資料はばっちり作りこんでも、打ち合わせでは、内容が無く、何にも決まっていない。
そんな事ありませんか?
周りのメンバーの時間も無駄にさせ、何の成果も無い仕事をされても評価には繋がりません。
これも簡単に解決が出来ます。どんな成果を出そうとして打ち合わせをするか考えていれば、解決する問題です。

一度レッテル貼られると

では、一度レッテルを貼られてしまうと、どんな扱いをされるか?

・「出世レース」からの除外です。
並大抵の成果では、評価はひっくり返らず、努力しても評価されない可能性があります。
・「給与・ボーナス」等が上がらない。
成果主義となると、評価が上がらないと、お金も当然あがりません。
・部下社員が上司になる
一番嫌な事かもしれません。部下であった社員が、自分の上司になるのです。
貴方も嫌かもしれませんが、上司も嫌なので、コミュニケーションも取りづらい職場となり、
非常に居心地の悪い職場になるかもしれません。

最後に

最後に、どの会社の管理者も。とは言いませんが、本人を注意したり、育成する事なく、
評価のみをつける管理者が多いのは事実です。
そんな評価をつけられたく無いと思ったら、自ら改善していきましょう。